住宅ローンの繰り上げ返済

注文住宅を新築する際には、資金計画をいかに立てるかが重要です。毎月のローン返済が収入に見合ったものであるかどうかが重要というわけです。一般的には年収の何パーセント以内などと示されていますし、ローンの査定もそのような形で行われています。
けれども、返済期間が長い住宅ローンの返済期間中には、どのような予期せぬ出来事が起こるかわからないものです。そこで余裕のあるうちに行っておきたいのが繰り上げ返済です。これは当初の計画とは異なる返済方法となりますが、余分なお金を多めに返済に回すというものです。その効果にはふたつの種類があります。元金部分をまとめて支払うことには変わりないものですが、返済期間を短くするものと、返済金額を少なくするものとがあります。そして元金を多めに返済することによって、その後に支払う金利の金額を少なくする効果が生まれます。つまり、トータル的に返済する金額が少なくなるわけです。
このように前もって余裕があるうちに返済しておくことで、その後収入が少なくなるといったリスクに対処することが可能となります。さらに変動金利を利用している人であれば、さらにリスクを下げる効果を得られます。金利が低いとされる時期が長く続いている中で、今後は景気の回復によって金利が上昇する可能性があります。
例えば、返済すべきローンの元金が1000万円あるとすれば、金利が1%上昇すると年間で金利分は10万円増えることになります。このような時に元金部分を減らしておくことで、金利上昇に対処できることになります。つまり、総支払金額を大幅に減らすことが可能となるわけです。ただし、多くの場合繰り上げ返済を行う際には手数料が必要となります。あまり細かく繰り上げ返済を行うと、手数料の金額がかさむことになるので注意が必要です。また、蓄えを全て返済に充ててしまうと、いざという時の資金が無くなってしまいます。そのバランスをどのように取るのかが重要ということです。かといって、最初から返済金額を多くしてしまうのも考え物です。返済期間を短くすることはできますが、毎月の生活費が少なくなってしまいます。急な出費が必要となった時に対処することができなくなるわけです。
このように繰り上げ返済をどのように活用するのか、また毎月の返済金額をどのように設定するのかが、注文住宅を新築する際には重要となります。ある程度の余裕も持たせるようにすることが大切です。

オーディオ|童話|初値予想|ショッピングカート|内職 アルバイト|工務店向け集客ノウハウ|クレジットカードの即日発行じゃけん|家計見直しクラブ|GetMoney|お小遣いNET|超SEO対策|女性向けエステ.com|住宅リフォーム総合情報|女性の人生|心の童話