2016年 10月 の投稿一覧

工務店に依頼するメリットデメリット

注文住宅を工務店に依頼することには、メリットとデメリットがあります。まずメリットとなるのは地元の風土や気候に詳しいので、その土地に適した設計ができることが挙げられます。また宣伝活動を行うことが少ないので、その分建設費用を安くできることになります。さらに職人の技術が高いところがあるので、高品質となる家を建てることが可能となります。けれどもこの職人の技術に品質が左右されることはデメリットにもなります。ハウスメーカーのように効率化された工法を取り入れるわけではないので、工務店によっては職人の技術が低い場合があります。また基本性能があらかじめ規格化されているわけではないので、施主の希望を無理して取り入れることで、基本性能が劣るケースも見られます。このように、工務店に依頼するメリットは、高い技術を持つところに頼めれば満足度の高い家を建てられることとなります。けれども腕の良い職人を確保できない場合は品質に問題が生じるケースもあります。

設計事務所に依頼するメリットデメリット

注文住宅を建設する一般的な方法は、ハウスメーカーにプランニングを依頼するというものです。特に大手ハウスメーカーならば豊富なノウハウと、多くの顧客データから依頼主が必要としている間取りを的確に提案できますので、安心感を持って任せることができます。
一方で、設計事務所に依頼をするという本格的なプランニングを希望する人もいます。既存のメーカーの住宅では物足りない、独創性のある住宅を実現したい、デザイン面を重要視してスタイリッシュな家にしたいという、住まいに対して強いこだわりのある人が選ぶ傾向にあります。
設計事務所に依頼をすることによって、本当に自分たちが求めている理想の間取りをじっくりと検討しながら詰めていくことができますし、細かな要望も通りやすくなるというメリットがあります。一方で設計料として別途費用がかかるというコスト面でのデメリットもあります。
せっかくの注文住宅の建設であれば、こだわり抜いたものとするためにあえて設計事務所に足を運び、理想の家づくりを行うのも良い選択です。

断熱性のいい住宅とは

注文住宅を作るなら、断熱性良い住宅を作る事がおすすめです。
断熱性が良いというのは、外の気温の変化に家の中が影響をあまり受けないと言う事です。
夏の照りつけるような太陽を浴びても、断熱性の良い家なら、息苦しいほど暑さがこもる事がありません。
冬の厳しい寒さの時でも、断熱がしっかり機能していれば、足元が凍るように冷たくなる事がありません。
今エコ住宅と言う言葉を耳にしますが、断熱性が良ければ、家が暑くなり過ぎないので冷暖房費が低く抑えられます。
使用する電気量が少なくて済むと言うのは、家計だけではなく地球にも優しいのです。
また、断熱性の良い家は外気の影響が一番入りやすい窓もきちんと断熱性を高めてあります。
そのため、冬場に困る結露の発生を抑える事が出来ます。
結露はきちんと手入れをしないとカビの原因にもなり、家族の健康に悪影響を及ぼします。
断熱性のいい注文住宅を作ることで、家族の快適さと健康を守る事が出来るのです。

後悔しない住宅会社の探し方

注文住宅を新築で建てる際にはいろいろな事を決めていかなければなりません。
その手助けを親身に一つ一つアドバイスをくれ手助けしてくれるのが良い住宅会社と言えます。
注文住宅を建てる際には、まずは土地を探す必要があります。自分で探すことも可能ですが、やはり住宅会社の方が土地情報を多く知っています。ここで多く自分の希望に叶う土地情報を探してくれるかがまず一つ目の後悔しない住宅会社を選ぶポイントです。
また、新築で家を建てる際には自分の希望予算で思い描いていた住宅を建てることが難しいことがあるかもしれません。
その際に、色々とアイデアを出し施主の希望通りのプランをだしてくかも後悔しない住宅会社を選ぶポイントの二つ目となります。
注文住宅を新築で建てる際には住宅会社の営業で良し悪しが決まる場合が多数存在しますので、自分が納得のいく答えを出してくれる営業に逢えるまで妥協せずに色々な住宅会社を見て周り情報を仕入れることも大事です。

失敗しない資金計画

注文住宅を建てる際に重要となるのは、みえけんの失敗しない資金計画です。
事前に入念な資金計画を立てておく事で、住宅ローンを成功に導く事が出来ます。三重県伊賀で住宅ローン資金相談なら
資金計画で最も重要となるのが住宅ローン金利です。明確な資金計画を立案するには、金利が一定に固定出来ると良いです。そこで、フラット35を代表とする全期間固定タイプの金利を選ぶ事で、月々の返済金額を固定出来ます。万が一、金利が変動した場合も全期間固定金利であれば影響がありません。
返済金額が完済まで一定に安定する為、返済計画や資金計画を精度良く立てる事が出来るのです。また、借り入れ金額や年数も重要となります。
自分が毎月、無理無く返済出来る金額を収入と支出から計算すると良いです。住宅ローンに支払える金額を明確にしておく事で、バランスの良い返済を行う事が出来ます。以上、住宅ローンを組む上で失敗しない資金の計画を立てるには、金利の選択や収入、支出に対する返済額の算出が大切です。

失敗しない土地探し

注文住宅で新築一戸建てを手に入れる時に失敗しないためには、家の設計をしっかりとするのはもちろんのこと、土地をしっかりと選ぶことも重要です。
なお、地盤の強さなど土地自体の状態も重要なポイントではありますが、忘れてはいけないのが、周辺環境です。周辺にはどのような家が建っているのか、どういった施設があるのかをチェックしておくと、安心して住める土地かどうか判断しやすくなるものです。
例えば、お隣の家が大きくて、小さな自転車が何台もあったり、庭も広く、ボール、バスケットゴールなど遊ぶ道具がたくさん置かれていたら、にぎやかそうな家だということは容易に想像できるものです。静かに暮らしたい人は、注意しておいた方が良いものです。
また、周辺にスーパーがあると便利ではありますが、スーパーというのは規模が大きくなりがちな施設で、広い駐車場に一日何台もの車が出入りするものです。また、トラックの搬入もあるなど、意外と騒がしいものですので、注意しておきたいところです。

注文住宅の設計について

注文住宅の設計は、通常建築を依頼する工務店やハウスメーカーに一括でお願いします。ハウスメーカーの場合は、間取りなど多少は自由度がありますが、基本的に建材などすべてカタログからえらべるようになっており、仕様にないものはオプションになって追加料金が発生したり、場合によっては取り付けられなかったりすることもあります。設計の自由度の高いのは工務店にお願いするほうですが、工務店にどのような建築士の方がおられるかに大きく左右されます。通常、工務店は建てるほうのプロですので、デザインに関しては仕入れのできる材料やつながりの深い業者などの関係から、得意なデザインに特化している場合もあります。デザインにこだわりがある場合は、なるべく多くの希望とイメージを建築士さんへお伝えする必要があります。自由度が高いのが注文住宅の醍醐味ですので、設計に関してはどこまでもこだわっておくと、あとで後悔のないマイホームを手に入れることができるでしょう。

新築の土地探しについて

注文住宅建設における土地探しで大事なポイントは、生活環境と地盤です。また、周辺エリアの気候状況を考慮した設計ができる工務店を見つけておくことも大切です。まず生活環境ですが、通勤が負担なくできるかをよくチェックすることが大事です。電車のルートだけを調べるのではなく、朝のラッシュ時の混み具合を実際に確かめることは大切です。場合によってはすぐに乗れない場合もあるからです。また乗り継ぎも不便がないかをどうか、電車が止まった際には別ルートでの帰宅が可能かも調べておくと役立ちます。また毎日の買い物が不便なく行えるかどうかも調べることが必要です。相場の値段もチェックして、食費を抑えることができるかどうか、また外食する際には安く食事ができるところがあるかもチェックしておきたいところです。さらに治安面の確認の意味で、夜の状況も見ておくことは大切です。他にも建物を建てる際に制約は受けないかなど細かくチェックすることは多くあります。

耐震住宅について

自分たちが住みやすい家を自由な発想で作ることができる注文住宅ですが、家族が安心して生活ができるように考えて家づくりを進めることも大切だと言えるでしょう。
日本では毎年のように大きな災害が発生しており被害を受けてしまう場合も非常に増えてきています。特に地震等は強い家が命を守ることになるので、耐震性についてもしっかりと考えて家づくりを進めていく必要があるでしょう。耐震性に関しては法律などでも厳しく決まっているので、信用できる業者に建築の依頼を行うことで、安心して暮らせる家を手に入れることができるでしょう。
また三重県でも耐震住宅を提供してくれるメーカーも増えてきているので、資料等を確認してみるのも良いでしょう。
注文住宅では自由な発想で家づくりを行いながら、耐震性に関してもしっかりと意識して家を建てるようにしましょう。建築士などに相談することによって自分たちの暮らしやすい家を実現しながら、強い家を建築することができるでしょう。

本当に賢い住宅ローン返済方法は?

住宅ローンの返済に困り、せっかくのマイホームを手放すことになってしまうという失敗事例がよく聞かれます。そのような事態を引き起こさないためにも、賢い住宅ローンの返済方法を確かめておきましょう。
鉄則として、返済額は手取り収入の2割以内に留めるということが1番です。ローンを取り扱う銀行によっては、給料の3割ほどでも大丈夫とするケースもありますが、税引前の給料と手取りについて混同しないようにしなければいけません。
月収が30万円であっても、手取りは23万円前後となります。30万円の3割は9万円ですが、手取り23万円での9万円となると明らかに厳しくなります。
住宅ローンは返済の期間も長く、金額も大きくなりがちなので、つい数万円の違いを小さなものとして見過ごしてしまいがちですが、月額で1万円違うと年間で12万円、返済期間を30年と仮定すると利息分も含めて数百万円もの違いが発生するのです。
収入に応じた物件価格の上限を決め、なるべく多くの頭金を購入前に用意することが重要です。失敗のない賢い住宅ローンを組み、憧れのマイホームを実現させましょう。